「iPhone 11」を選んだら大失敗!【iPhone 12】を買う方が100%おすすめ!

144_iphone12_11_hikaku1_design

iPhone 11の後継種である【iPhone 12】。

次世代通信規格の「5G」が大きな特徴の『iPhone 12シリーズ』ですが、5G以外のスペックはどれくらい向上したのでしょうか。

また、型落ちで安くなったiPhone 11と比べて、「買い」のモデルなのでしょうか?

5G以外の細かいスペックの違いを、比較表で誰でも分かるように説明します!

「iPhone 11」と「iPhone 12」の違い

比較のポイントは、下記の4点です。

  • デザイン・カラー
  • サイズ
  • 性能
  • 価格

それぞれの詳しい違いを紹介していきます。

デザインの違い

表面・裏面のデザインは、ほぼ同じです。

144_iphone12_11_hikaku1_design

若干、iPhone 12の方が小さいように見えますが、どちらも同じ6.1インチです。

側面のデザインは大きく異なり、【iPhone 11】は丸みのあるフレームであるのに対し、【iPhone 12】はフラットで角張ったデザインとなっています。

141_iphone12promax_11promax_hikaku2_sokumen

【iPhone 12】の方は、側面フレームとガラスの高さが同じになった影響や、『Ceramic Shield』という強化ガラスの採用により、「今までのiPhoneよりも4倍ほど耐落下性能がアップした」と言われています。

また、iPhone 12は「LCDディスプレイ」から「OLEDディスプレイ」へと進化しました。

(OLED(有機EL)ディスプレイのが発光が良く、電池の持ちが良くなります。
詳しくは下記の記事をご覧ください。)

カラーの違い

カラーバリエーションは、こちらの通りです。

iPhone 11iPhone 12
カラーパープル
イエロー
グリーン
レッド
ホワイト
ブラック
ブルー
グリーン
レッド
ホワイト
ブラック

【iPhone 12】は【11】よりも1色少なく、「ブルー」が新しく加わりました。

この新色のブルーですが、「宣材写真と実機の色が全然違う!!」と、ネットで話題になりました。

144_iphone12_11_hikaku3_blue

光の当たり具合で若干色味は異なりますが、実際は「青色」が強いのに対し、宣材写真は「緑色」が混ざったようなカラーとなっています。

ブルーの購入を悩んでいる方は、公式サイトの写真に惑わされずに、「くっきりとした青色」をイメージしながらカラーを選びましょう。

その他のカラーを比べると、【iPhone 12】の方は優しい色合いへと少しだけ変更されています。

144_iphone12_11_hikaku2_color

ブルー以外は公式サイトの写真通りなので、安心して色を選んでくださいね。

サイズの違い

大きさの違いは、下記の通りです。

iPhone 11iPhone 12
サイズ幅:75.7 mm
高さ:150.9 mm
厚さ:8.3 mm
幅:71.5 mm
高さ:146.7 mm
厚さ:7.4 mm
重量194 g162 g

【iPhone 12】の方が小さく、軽いです。

画面サイズが同じなのにコンパクトになっているのは、側面のデザインがフラットになった部分が影響しているのでしょう。

そして、重さは30gも軽くなっています!

30gの重さは100円玉6枚分に相当するので、そう考えると非常に軽くなりましたね。
最近のiPhoneは、毎年厚く&重くなる傾向があったので、この薄さと軽さは素晴らしいです!

性能の違い

【iPhone 12】は、様々な機能がパワーアップしています。

こちらのスペック表をご覧ください。

iPhone 11iPhone 12
ディスプレイ
(解像度)
1,792 x 828px(6.1インチ)
326ppi
Liquid Retina HDディスプレイ
2,532 x 1,170px(6.1インチ)
460ppi
Super Retina XDRディスプレイ
認証Face ID
CPUA13A14
ストレージ64GB・128GB・256GB
バックカメラ約1200万画素
(超広角:F値2.4
広角:F値1.8)
約1200万画素
(超広角:F値2.4
広角:F値1.6)
フロントカメラ約1200万画素
(F値2.2)
ビデオ撮影4K撮影(24/30/60fps)
1,080p(30/60fps)
4K撮影(24/30/60fps)
1,080p(30/60fps)
Dolby Vision対応HDR(最大60fps)
ナイトモードバックカメラのみバック・フロント・ビデオ
全てに対応
Apple Pay
ワイヤレス充電
Qiワイヤレス充電

Qiワイヤレス充電とMagSafe
バッテリービデオ再生:最大17時間
ストリーミング(YouTube等)
再生:最大10時間
オーディオ再生:最大65時間
ビデオ再生:最大17時間
ストリーミング(YouTube等)
再生:最大11時間
オーディオ再生:最大65時間
防水IP68
(水深2メートルで最大30分間)
IP68
(水深6メートルで最大30分間)
BluetoothBluetooth 5.0
通信ギガビットLTE
MIMO対応802.11ax Wi‑Fi 6
5G(sub-6 GHz)
ギガビットLTE
MIMO対応802.11ax Wi‑Fi 6
その他Lightningコネクタ、付属品無しLightningコネクタ、付属品無し、5GでのFaceTime HD(1080p)通話

↑性能が良い方は、赤色で表示しています

全体的に、【iPhone 12】の圧勝です!

解像度(画像の密度・細かさ)が大幅に向上し、『デザイン』の項目でも挙げましたが、ディスプレイが有機ELになりました。

カメラは、ナイトモードがバックカメラでしか使えなかったのがフロントカメラも対応となり、磁力を使ったスムーズなワイヤレス充電の『MagSafe(マグセーフ)』も使えるようになりました。

しかし一点だけ。iPhone 12シリーズで注目されている「5G」ですが、日本のモデルではまともに体験することは出来ないのでご注意ください。

▼詳細はこちら

ミリ波やsub-6関係なく、早く5Gが普及されて欲しいものですね。

価格の違い

「iPhone 11を安く手に入れたい」「価格の差が知りたい」等、気になる値段の違いを比べました!

※全て税抜き表記。
「トクするサポート+」等の2年後に返品するプランは使わずに計算。

Appleaudocomoソフトバンク
iPhone 11
(64GB)
64,800円74,913円在庫無し75,272円
iPhone 11
(128GB)
69,800円79,822円79,854円
iPhone 11
(256GB)
80,800円90,818円90,981円
iPhone 12
(64GB)
85,800円94,027円92,160円100,800円
iPhone 12
(128GB)
90,800円98,418円99,360円106,036円
iPhone 12
(256GB)
101,800円111,304円112,320円119,127円

価格表で分かる通り、Apple公式で買うのが一番安く購入出来ます。

キャリアの「iPhone 11」は全然値下がりしておらず、型落ち版としてお得感がありません。

【iPhone 11】と【12】の差は約2万円ですが、この価格の差であれば、サクサク動いて画質が綺麗で薄くて軽い、非常に優秀な【iPhone 12】の方をおすすめします。

なお、キャリアで【iPhone 12】シリーズを購入すると、強制的に「5Gの料金プラン」を組まされ、いつもよりも月額1,000円~2,000円は料金が上がることを覚悟してください。

iPhone 12の購入を考えている方は、『裏ワザを使ってAppleから本体を安く買う』&『5Gに影響しない格安SIM』の組み合わせが一番安くなりますよ。

使えないのに5G料金を払うのは勿体ないので、これを機に格安SIMデビューを強くおすすめします!

まとめ

【iPhone 11】と【iPhone 12】は、圧倒的に【iPhone 12】の方が優れています。

「安い方のiPhone 11を買おうかなぁ」と考えている方は、2万円分以上の価値がある【iPhone 12】を選んだ方が、絶対に後悔しませんよ!

iPhoneは簡単には壊れないので、キャリアの2年後に返却するプランを契約しない限り、長く使い続けることが出来ます。

機種変更を悩んでいる方は、性能が良くて画面が割れにくくなった「iPhone 12」をぜひ使ってくださいね。

※3大キャリアで【iPhone 12】を契約すると5Gの通信料が必須となるので、その点だけご注意ください。

コメントを見る

コメントを残す

コメントは承認後に公開されます。
記事の情報が古くなっている場合は、ご連絡頂けますと幸いです。