iPhone XSはまだ買える!iPhone 11 Proとの違いがわかる比較表

103_iphone11pro_xs_hikaku1_design

iPhone 11 Proが発売され、iPhone XSはApple公式から購入できなくなりました。
iPhone 11 Proは、XSの後継種と言われています。
XSの値下げを待っていたのに、買えなくなってしまって困りますよね。

XSを購入できるところはどこか?
11 Proは何が変わったのか?

など、気になる値段や性能の違いを、超簡単に比較していきます!

iPhone XSとiPhone 11 Proの違い

今回は、下記の4点を重点的に比較しました。

  • デザイン
  • 性能
  • サイズ・カラー
  • 価格

詳しい違いを紹介していきます。

デザインの違い

iPhone 11 ProとiPhone XSは、表面はほぼ同じです。

103_iphone11pro_xs_hikaku1_design

背面を見てみるとカメラに大きな違いがあり、XSはデュアルカメラ、11 Proはトリプルカメラになっています。

11 Proの方はカメラが主張されるデザインとなっているので、気になる方はXSの方がおすすめです。

どちらもガラスとステンレススチールの素材で作られていますが、11 Proの方は「テクスチャードマットガラス」を採用しています。
このガラスは、「スマートフォンの中で最も頑丈なガラス」と呼ばれており、落としても割れにくい素材で出来ています。

画面割れが心配な方は、頑丈な11 Proを選んだ方が安全ですよ。

性能の違い

カメラ以外にも、たくさんの性能の違いがあります。

こちらのスペック表をご覧ください。

iPhone XSiPhone 11 Pro
ディスプレイ2,436 x 1,125(5.8インチ)
458ppi
Super Retina HDディスプレイ
2,436 x 1,125(5.8インチ)
458ppi
Super Retina XDRディスプレイ
認証Face ID
CPUA12A13
ストレージ64GB・256GB・512GB
バックカメラ約1200万画素
(広角:F値1.8
望遠:F値2.4)
約1200万画素
(超広角:F値2.4
広角:F値1.8
望遠:F値2.0)
フロントカメラ約700万画素
(F値2.2)
約1200万画素
(F値2.2)
ビデオ撮影4K撮影(24/30/60fps)
1,080p(30/60fps)
Apple Pay
ワイヤレス充電
バッテリービデオ再生:最大14時間
オーディオ再生:最大60時間
ビデオ再生:最大18時間
オーディオ再生:最大65時間
防水IP68
(水深2メートルで最大30分間)
IP68
(水深4メートルで最大30分間)
BluetoothBluetooth 5.0
通信ギガビット級LTE
MIMO対応802.11ac Wi‑Fi
ギガビット級LTE
MIMO対応802.11ax Wi‑Fi6
その他6つのポートレートライティングナイトモード、自動調節、ズームアウト機能、オーディオズーム、QuickTakeビデオ、フロントカメラが4Kに対応、6つのポートレートライティング

性能が良くなっている箇所は、赤色で表示しています。

ご覧の通り、圧倒的にiPhone 11 Proの方が性能が良いです。

iPhone XSはデュアルカメラなので、元々カメラの性能は良いです。
ですが、11 Proではトリプルカメラが搭載され、超広角レンズが付きました。

超広角レンズとは、24mm以下の焦点距離のレンズのことです。
簡単に説明すると、「広角レンズよりもより広い範囲を写すことが出来るレンズ」になります。

「その他」の項目を見てみても、撮影に関する機能やモードが大量に追加されました。
フロントカメラも4Kに対応するようになったので、まるで一眼レフカメラのように撮影することが出来る、11 Proの方がおすすめですよ。

カメラ以外にも、バッテリーが大幅に向上されたのが魅力的ですね。

サイズとカラーの違い

大きさの違いは、こちらをご覧ください。

iPhone XSiPhone 11 Pro
サイズ幅:70.9mm
高さ:143.6mm
厚さ:7.7mm
幅:71.4mm
高さ:144.0mm
厚さ:8.1mm
重量177g188g
カラーシルバー
スペースグレイ
ゴールド
ミッドナイトグリーン
シルバー
スペースグレイ
ゴールド

サイズは若干11 Proの方が大きいです。
ただ、大きいと言っても0.5mm以下の差なので、目視ではほぼ分かりません。

重さは10gほど違います。
これはミニトマト1個分ぐらいの重さで、こちらもそこまで大きな差ではありません。

カラーバリエーションもほぼ一緒なのですが、11 Proの方は「ミッドナイトグリーン」が追加されています。
ブラックやスペースグレイの色よりも、より明るくて美しいカラーになっています。

103_iphone11pro_xs_hikaku2_color

「単純なブラックでは味気ない」と言う方は、ぜひミッドナイトグリーンカラーを選んでみてくださいね。

価格の違い

XSが購入できる店舗やキャリアを探し、値段の違いを徹底的に比べました!

※価格は全て税抜き表記。
auとSoftBankは4年契約、ドコモは2年契約で割引を適用。

Appleaudocomoソフトバンク
iPhone XS
(64GB)
販売終了68,222円118,800円126,667円
iPhone XS
(256GB)
76,667円‭136,800‬円143,556円
iPhone XS
(512GB)
88,222円‭136,800‬円143,556円
iPhone 11 Pro
(64GB)
106,800円115,733円115,200円117,778円
iPhone 11 Pro
(256GB)
122,800円131,467円129,600円135,111円
iPhone 11 Pro
(512GB)
144,800円155,067円151,200円159,556円

それぞれの特徴を説明すると、返却(下取り)するならauとソフトバンクで、手元に残したいのであればドコモがおすすめです。

auとソフトバンクは、「半額サポート+」もしくは「アップグレードプログラムEX」キャンペーンを行っており、2年後に機種を返却することによって機種代金が半額になります。

なので、一番高い「iPhone 11 Pro(512GB)」も、約8万円で買えてしまう計算になります。
ひとつ前のモデルの「iPhone XS(512GB)」と比べても、半額を適用すれば1万円しか違いません。

返却しなければいけないというデメリットはありますが、一番安く手に入れたい場合は、auかソフトバンクがおすすめです。

その中でも、単身かつ光回線の契約が無くても割引プランの多い、ソフトバンクの方がトータル的に安くなる場合が多いですよ。

まとめ

iPhone XSと11 Proは、トリプルカメラかどうかが違います。
写真がより上手に撮れるナイトモードや、超広角レンズで、まるでプロのように撮影することが出来ますよ。

バッテリーも大幅に向上するので、総合的に「iPhone 11 Pro」の方のがおすすめです。

裏ワザの方法を使って、新品のiPhone 11 Proを少しでも安く手に入れましょう!

コメントを見る

コメントを残す

コメントは承認後に公開されます。
記事の情報が古くなっている場合は、ご連絡頂けますと幸いです。