【最新機種】2020年発売のiPhoneが見えてくる!2019年Apple発表会まとめ

106_2019_2020_happyou_eyecatch

2019年9月10日(現地時間)で行われた、毎年恒例のAppleの発表イベント。
2019年~2020年にかけて、どのような機種が販売され、どのような機能が追加されるのでしょうか。

そして、2020年に発売されるのは一体どんな製品なのでしょうか。

発表会の情報を超シンプルに整理して、今後の可能性をまとめました!

2019年のApple発表会まとめ

まずは、2019年の新しい製品・機能を説明します。

iPhone

待望の、iPhoneの新型が発表されました!
シリーズの名前は「iPhone 11」で、3モデル同時発売となります。

特徴はXR・XSシリーズと似ており、それぞれ「廉価版」「中間型」「プロ版」の3つのタイプに分かれています。

今回のシリーズはカメラ特化型で、トリプルカメラ・デュアルカメラが搭載されています。
詳しい機能や比較は別の記事でまとめていますので、こちらをご覧ください。

新しいiPhoneは、2019年の9月20日から購入できますよ。

iPad

iPhoneだけではなく、iPadも新しいモデルがリリースされます!
ただし、Pro、Air、miniの発表はなく、ノーマルタイプのiPadだけです。

画面のサイズが大きくなり、ディスプレイの解像度がアップしました。
ですが、CPUやバッテリーは同じで、目立った新しい機能はありません
唯一「Smart Keyboard」に対応したことは気になりますが、それ以外で惹かれたところは無かったです。

この程度のスペックの変化だと、新型iPadよりも新型Apple Watchのが欲しいと思ってしまいますね。

発売日は2019年の9月30日です。

Apple Watch

iPhoneとペアリングできる、「Apple Watch」のSeries 5がリリースされました。

106_2019_2020_happyou2_watch

iPadと違って、Watchの方はかなり進化しています。

常時オン機能が付いたり、コンパス、カラーと素材がカスタマイズ出来たり、CPUやセンサーや容量の向上など、沢山の機能の性能が良くなっています。

個人的に凄いと思ったのが、「さらに薄くなっている」ところです。
iPhoneは新型が発売されるごとに厚くなりますが、Watchは旧型と比べてさらにスリムになりました。
これは嬉しいですね。

発売は2019年9月20日からです。

Apple Arcade

「ゲームを超えるゲーム」がキャッチコピーの、Netflixのゲーム版を掲げた新しいサービスです。

106_2019_2020_happyou3_arcade

月額600円で、なんと『広告無し・追加の課金無し』。
オフラインでも楽しめる上に、iPhoneでプレイしたゲームをiPadやMacなどでも続けられるそうです。

私はゲームが大好きなので、今年の発表ではこのサービスが一番気になっています
ゲームのラインナップがどんな感じなのか、とっても楽しみですね。

気になるサービスの開始日は、2019年9月20日です。

Apple TV+

既にリリースされている「Apple TV」が新しくなります。

TV+から、月に1本のペースでオリジナルの新作映画を発表するそうです。
今回発表されたApple製品(iPhone等)を購入すると、Apple TV+が1年間無料で使えますよ。

この機能は2019年の11月1日からスタートされます。

2020年に発表されるのは?

2019年の内容を考えると、2020年に発表されるのは下記の製品だと予想しています。

iPhone SE2

これは、ほぼ確定している内容です。

106_2019_2020_happyou4_iphonese2

大人気だった「iPhone SE」の後継種で、ホームボタンが残り、サイズは4.7インチのiPhone 8がベースとなっているモデルです。
カメラやCPUはiPhone 11のモデルの物が搭載され、かなりの好条件になる予定です。

価格はiPhone 11と同じか、それよりも少し安くなります。

発売日は2020年の春だと言われています。
詳細はこちらでまとめていますので、価格やスペックを確認してみてくださいね。

iPhone 12

こちらも、ほぼ確定している情報です。

106_2019_2020_happyou4_iphone12

まず最初に、5Gへは確実に対応されます。
(根拠は下記の通りです)

その他だと、ついに全画面での指紋認証機能が搭載されます。
機能的には「Touch ID」+「Face ID」のイメージで、両方からロックが解除できるようになります。

この機能を考えると、ホームボタンは復活されない可能性が高いです。
その代わりに、ホームボタンが搭載されるモデル(iPhone SE2)が発売されることとなりそうです。

それと、Androidと同じ「USB-Cコネクタ」が採用されます。

iPhone 11が中途半端だったので、iPhone 12でようやく整ってきたと言えるモデルになりそうですね。

MacBookとiPad

2020年に力を入れると思われる製品は、MacBookです。
MacBookの2019年のニュースは、ディスプレイの変更と価格変更だけでした。

いつも2~3年でモデルチェンジされているので、2020年に大幅に機能向上してリリースされる可能性が非常に高いです。

iPadも同様で、2019年ではProが変更されませんでした。
なので、2020年はProのモデルがリリースされると予想しています。

機能はカメラの向上が見込まれますが、『Apple Arcade』用に、グラフィックやCPUなどに力を入れる可能性も高いですね。
そう考えると、iPhoneもゲーム用に特化したモデルが発表される日が近いかもしれません。

まとめ

2019年では、それぞれのApple製品がバランス良く発表されました。

ゲーム好きな私にとっては、『Apple Arcade』がめちゃくちゃ楽しみです。
月額600円で遊び放題なら、任天堂やソニーに勝てるかもしれません。
ただ、Appleは海外向けのデザイン性が強いので、日本人向けの可愛らしいゲームをリリースして欲しいですね。

2020年のモデルは、長年待ち続けていた「iPhone SE2」と、全画面ディスプレイ指紋認証機能の「iPhone 12」が注目されています。

2019年発売の製品はとっても魅力的ですが、2020年発売の製品の方がiPhoneファンとしては「待ってた!」と言える機種になりそうです。

最新情報が入り次第すぐにお伝えしますので、楽しみにお待ちくださいね!

コメントを見る

コメントを残す

コメントは承認後に公開されます。
記事の情報が古くなっている場合は、ご連絡頂けますと幸いです。