違いが一目で分かる!2019年発売のiPhone 11/Pro/Pro Maxを比較

101_2019_iphone11_eyecatch

iPhoneは、毎年新しいシリーズが発売されています。
機種変更する時、どの機種にするべきなのか悩んでしまいますよね。

そこで今回は、2019年に発売された「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」の3つのシリーズを紹介します。

それぞれの性能を一目瞭然で分かる比較表にまとめたので、どの機種を購入するべきかもう迷いませんよ!

2019年発売のiPhoneは3種類

2019年に発売されるシリーズは、下記の3種類となります。

  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max

これは、2018年に発売された「iPhone XR・XS・XS Max」の後継モデルと言われています。

なので、XRとXSのシリーズと同様に、スペックの良い順から
iPhone 11 Pro Max > iPhone 11 Pro > iPhone 11
となります。

ただし、スペックが良いとそれなりに値段も上がります。
3機種それぞれの違いを詳しく見ていきましょう。

発売日と価格

発売日は、3シリーズ全て「2019年9月20日」となります。

一番気になる価格は、下記の通りです。

iPhone 11 Pro MaxiPhone 11 ProiPhone 11
64GB119,800円106,800円74,800円
128GB79,800円
256GB135,800円122,800円90,800円
512GB157,800円144,800円

※Apple公式サイトより。表記は税抜き価格

去年発売された時よりも、全体的に1万円程安い金額で発表されました。
「高すぎる」という声が多かったので、今年は値段を下げたのだと思われます。

価格だけで見ると、11が一番安いです。
その次は、3万円高くなって11 Pro。
一番高いのが、11より4万5千円高くなって11 Pro Maxです。

11が安いのには理由があるので、その他のスペックをしっかり確認していきましょう。

サイズと重量

ディスプレイの解像度を含め、全体的な大きさを比較します。

iPhone 11 Pro MaxiPhone 11 ProiPhone 11
サイズ/解像度/画素密度6.5インチ(2688x1242px)、458ppi5.8インチ(2436x1125px)、458ppi6.1インチ(1792x828px)、326ppi
高さ158.0 mm144.0 mm150.9 mm
77.8 mm71.4 mm75.7 mm
厚さ8.1 mm8.1 mm8.3 mm
重量226 g188 g194 g

サイズを比べると、「11 Pro Max > 11 > 11 Pro」となります。
11よりも11 Proの方のが小さいのが特徴です。

重さはサイズの大きさに比例しており、11 Pro Maxが一番重たいです。
200gの目安は、190mlの缶コーヒーと同じくらいの重さです。
11 Pro Maxと11 Proでは40gの差があります。この差は大きめのピーマン1個分ぐらいの重さです。

多少の差のように見えますが、より手になじみやすくて軽いのは「iPhone 11 Pro」です。
画面の大きさにこだわらないのであれば、コンパクトで軽い11 Proをおすすめします。

バッテリー性能

次は、バッテリーの持ちを比べます。

iPhone 11 Pro MaxiPhone 11 ProiPhone 11
ビデオ再生最大20時間最大18時間最大17時間
ビデオストリーミング最大12時間最大11時間最大10時間
オーディオ再生最大80時間最大65時間最大65時間

バッテリーの持ちは、「11 Pro Max > 11 Pro > 11」となります。

オーディオ再生の項目で比べてみると、11と11 Pro Maxでは、最大15時間も違います。
半日以上もバッテリーが持つようになるので、「減りが速くて困っている」と感じている方は、最長の「11 Pro Max」がおすすめです。

11 Proと11では、1時間程しか変わらないので、体感的にそこまでの差はありません。

カメラ

今回のシリーズで一番の特徴である、「トリプルカメラ」はどのような差があるのでしょうか。

iPhone 11 Pro Max
iPhone 11 Pro
iPhone 11
カメラ(背面)トリプル1200万画素カメラデュアル1200万画素カメラ
カメラのレンズ超広角:F2.4
広角:F1.8
望遠:F2.0
超広角:F2.4
広角:F1.8
ズーム光学ズームイン:2倍
光学ズームアウト:2倍
デジタルズーム:10倍
光学ズームアウト:2倍
デジタルズーム:5倍
手ブレ補正デュアル光学式光学式
ポートレートモード(正面・背面)進化したボケ効果と深度コントロール
ポートレートライティング(正面・背面)6つのエフェクト
(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))

一番大きな違いは、トリプルカメラが付いているかどうかです。

11 Proと11 Pro Maxのカメラは全く同じですが、11はトリプルカメラではなく「デュアルカメラ」となります。
この差はかなり大きく、望遠レンズの有無によって、素人の方でもプロのように写真が撮れるようになりますよ。

望遠レンズ有り・無しを比べた記事がありますので、詳細はこちらをご覧ください。

カメラだけではなく、手ブレ機能も全然違います。
写真や動画をよく撮る方は、断然「11 Pro Maxまたは11 Pro」がおすすめです。

カラーバリエーション

iPhone 11 Pro Max
iPhone 11 Pro
iPhone 11
カラーミッドナイトグリーン/シルバー/スペースグレイ/ゴールドパープル/イエロー/グリーン/ブラック/ホワイト/レッド

Proの方は、iPhoneらしいシルバーやゴールドカラーがあります。

11の方はパステルカラーが中心で、どちらかと言うと個性的なカラーバリエーションとなります。

iPhoneの高級感を味わいたい方はProの方を。
可愛らしさや個性を出したい方は、11を選ぶのがおすすめです。

防水

iPhone 11 Pro Max
iPhone 11 Pro
iPhone 11
防水水深4メートルで
最大30分間の耐水性能
水深2メートルで
最大30分間の耐水性能

どのシリーズも防水機能が付いており、Proと11では水深のメートル数が2m違います。

海やプールで遊ぶことが多い方や、お風呂で使用する頻度が高い方は、防水性能の高い「Pro」の方を選んだ方が安全です。

水辺でiPhoneを使う機会が少ない方は、そこまで気にしなくても大丈夫です。

通信機能

iPhone 11 / 11 Pro / 11 Pro Max
通信ギガビット級LTE
Bluetooth5.0

通信機能は、どのシリーズも一緒です。

この「ギガビット級LTE」とは、第5世代移動通信システム(5G)に備えての機能だと言われています。
しかし、5Gではなくあくまでも4Gの通信機能です。

5Gに対応した機種は、2020年に発売されると言われています。

おすすめの機種

3機種をまとめた結果、私は

  • iPhone 11 Pro(64GB)

をおすすめします。理由は下記の通りです。

1.筆者は女性の為、大きいサイズだと指が届かなくて不便(11 Proが一番サイズが小さい)
2.3機種の中で一番軽い
3.トリプルカメラを体験したい
4.ゴールドカラーで、iPhoneならではの高級感を出したい
5.バッテリーの持ちが結構良い

11 Proは、一番容量の小さいモデルでも10万円を超えてしまいます。
ですが、11ではトリプルカメラを体感することが出来ません。

11 Proのデメリットを考えると、価格だけが引っかかるポイントだと思っています。
トリプルカメラを堪能するために、自分へのご褒美として奮発する予定です。

比較表

それぞれのおすすめポイントを、下記の表にまとめました。

iPhone 11 Pro MaxiPhone 11 ProiPhone 11
価格×
サイズ/重量大きい/重い小さい/軽い中間
バッテリー
カメラ
カラー4色4色6色
防水
通信

まとめ

それぞれの特徴を簡単に説明すると、こうなります。

  • カメラや性能にこだわりはなく、とにかく安く抑えたいなら11
  • カメラやバッテリーの持ちを重視するなら11 Pro Max
  • バランスが良く、カメラも堪能したいなら11 Pro

個人的には、上記でまとめた通り11 Proをおすすめしますが、バッテリーや容量を考えると他の機種が良い部分もあります。

今お使いのスマホの悩みや用途を考えながら、後悔しない機種を選んでくださいね。

▼新品のiPhoneを安く手に入れる方法も、ぜひご活用ください。

コメントを見る

コメントを残す

コメントは承認後に公開されます。
記事の情報が古くなっている場合は、ご連絡頂けますと幸いです。