史上最強!スゴすぎる「iPhone SE2」をiPhone 8と比較しながら紹介!

125_iphonese2_iphone8_hikaku1_design

2020年4月、ついにiPhone SE2(正式名称:iPhone SE(第2世代))が発売されました!

SEシリーズは人気が高く、何年も前から発売を待っていた方も非常に多いです。
そこで、機種変更するタイミングをずっと待っていた方の為に、ホームボタンが有るモデルの「iPhone 8」と「iPhone SE2」の性能を比べてみました。

既にiPhone 7や8をお使いの方も、「買い換えたらどれくらい変わるのか」とワクワクしながらご覧ください!

iPhone 8とiPhone SE2の違い

比較のポイントは、下記の4点です。

  • デザイン
  • 性能
  • サイズ・カラー
  • 価格

各モデルの詳しい違いを紹介していきます。

※なお、この記事はiPhone 7とiPhone SE2の比較としても活用していただけます。
(iPhone 7と8は非常に似たモデルです)
iPhone 7と8を比較をざっと見ていただいてから、こちらの記事も読んでいただくと、どんどん性能が良くなっていくのが目に見えて面白いですよ。

デザインの違い

iPhone SE2とiPhone 8は、外見はほぼ同じです。

125_iphonese2_iphone8_hikaku1_design

iPhone Xシリーズでデュアルカメラに、iPhone 11シリーズでトリプルカメラになってしまったiPhoneの「カメラ」ですが、両方とも馴染み深いシングルカメラとなります。

ホームボタンが有りつつ主張しないシンプルなカメラなので、昔ながらの『iPhone』を感じられるデザインが特徴的です。

素材は、両方とも「ガラスとアルミニウムのボディ」で出来ています。
iPhone 11 Proシリーズで使われている高級な材質よりは劣りますが、iPhone 7よりも質が良く、ツヤのある綺麗な外観が美しいです。

性能の違い

デザインに違いはありませんでしたが、性能には多くの違いがあります。

こちらのスペック表をご覧ください。

iPhone 8iPhone SE2
ディスプレイ1,334 x 750(4.7インチ)
326ppi
Retina HDディスプレイ
認証Touch ID
CPUA11A13
ストレージ64GB・128GB64GB・128GB・256GB
バックカメラ約1200万画素
(広角:F値1.8)
フロントカメラ約700万画素
(F値2.2)
ビデオ撮影4K撮影(24/30/60fps)
1,080p(30/60fps)
4K撮影(24/30/60fps)
1,080p(30/60fps)
拡張ダイナミックレンジ
QuickTakeビデオ
ステレオ録音
Apple Pay
FeliCa
予備電力機能付き
ワイヤレス充電
バッテリービデオ再生:最大13時間
オーディオ再生:最大40時間
防水IP67
(水深1メートルで最大30分間)
BluetoothBluetooth 5.0
通信4G LTE-Advanced
MIMO対応802.11ac Wi‑Fi
ギガビット級LTE
MIMO対応802.11ax Wi‑Fi 6
その他3D Touch、nano-SIM触覚タッチ、デュアルSIM(nano-SIMとeSIM)、バック・フロントカメラ両方でポートレートモード及び6つのライティングが可能

↑性能が良くなっている箇所は、赤色で表示しています。

圧倒的に、iPhone SE2の方が性能が良いです。

一番大きな違いは『CPU』で、iPhone 11と同じ最新型のCPUが使われています。
CPUの性能が良いと、アプリやゲームがもっと快適(ヌルヌルサクサク)に動くようになります。
廉価版モデルに「安いが遅い」というイメージお持ちの方は、一度体感してみてくださいね。

カメラには差が無いように見えますが、実は全然違います。
SE2の方には、拡張ダイナミックレンジ機能とポートレート機能(ぼかし機能や照明のエフェクト)が備わっています。

ダイナミックレンジ機能は、簡単に説明すると「明暗差の幅」のことで、写真撮影でよくある白飛びや黒潰れが発生しにくくなります。

125_iphonese2_iphone8_hikaku2_portrait

iPhoneで動画撮影や写真を撮る機会が多い方は、断然SE2を選んだ方が良いですよ。

その他にも、次世代SIMである『eSIM』にも対応しているのも魅力的ですね。

サイズとカラーの違い

デザインだけではなく、大きさ・重さも全く一緒なんです。

iPhone 8iPhone SE2
サイズ幅:67.3 mm
高さ:138.4 mm
厚さ:7.3 mm
重量148 g
カラーシルバー
スペースグレイ
ゴールド
ホワイト
ブラック
レッド

もしケースやカバーを使用する場合は、iPhone 8用のグッズで代用することが出来ますよ。

重さについてですが、歴代iPhoneと比べると非常に軽いのも嬉しいですね。
(iPhone 11は約200g、iPhone 11 Pro Maxは約230gもします)

サイズ・重さは同じですが、カラーバリエーションは全く違います。

125_iphonese2_iphone8_hikaku3_color

色にこだわりのある方は、ストアなどで実際の光沢・明るさをチェックしてみてくださいね。

価格の違い

SE2の発売により、iPhone 8はApple公式からは購入出来なくなりました。
なので、参考までにキャリアと比較して紹介します。

※価格は全て税抜き表記。
auとSoftBankは24回払い、ドコモは一括払いで計算。

Appleaudocomoソフトバンク
8
(64GB)
販売終了53,018円販売終了57,600円
8
(256GB)
60,781円85,090円
SE2
(64GB)
44,800円50,245円51,840円52,363円
SE2
(128GB)
49,800円55,681円56,880円58,254円
SE2
(256GB)
60,800円68,377円68,400円71,346円

よく見てみると、実はiPhone 8よりもiPhone SE2の方が安いです。
価格の面から見ても、8よりもSE2を選んだ方がお得ですよ。

SE2の値段を見てみると、Apple公式が一番安いですね。
しかし、キャリアには「トクするサポート+」「かえトクプログラム」のような、2年後に機種を返却することによって、機種代金が半額で済む割引プランがあります。

返却しなければいけないというデメリットはありますが、とにかく安く手に入れたい場合は、キャリアでの購入もおすすめです。

その中でも、単身かつ光回線の契約が無くても割引プランの多い、ソフトバンクの方がトータル的に安くなる場合が多いです。
コロナ対策として新しく始まった「Web割」で2万円以上割引されるので、実際の料金を計算してみてくださいね。

まとめ

iPhone 8とSE2は、デザインやサイズは全く同じですが、性能に大きな違いがあります。
CPUが大幅に良くなるので、廉価版でもヌルサクを体験出来ちゃうんです。

金額も安いのにこのスペックは、絶対に「買い」です!
ホームボタンのあるモデルはこれが最後になるかもしれないので、後悔しない決断をしましょう。

「それでも高い・・・」とお悩みの方は、下記で紹介する裏ワザを使って、SIMフリーモデルのiPhone SE2を少しでも安くゲットしてくださいね。

コメントを見る

コメントを残す

コメントは承認後に公開されます。
記事の情報が古くなっている場合は、ご連絡頂けますと幸いです。