【令和元年】iPhoneの最新機種(XS/XR)について!後悔しない選び方伝授!

1_2018kishu_eyecatch

「新しくiPhoneを買い替えたい」
と思っていても、機種が多すぎてどの機種を選んでいいのか分からない方も多いかと思います。

そんな方のために、令和元年に発売中のiPhoneの特徴を分かりやすくまとめてみました。

今回解説する機種は、2018年に発売された「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」の3つです。

元号が新しくなった今、iPhoneも新しく買い替えてはいかがでしょうか。
スペック・機能・デザインのオススメポイントを比較し、後悔しない機種を選びましょう。

2019年令和元年の最新iPhoneは3機種

  • iPhone XS Max
  • iPhone XS
  • iPhone XR

その中でもXSとXS Maxの大きな違いは、サイズの大きさ・バッテリーの持ちの2つです。
なので、比較するのであればXSとXRの2つを比べるのがオススメです。

その違いを詳しく見ていきましょう。

価格

iPhone XS MaxiPhone XSiPhone XR
発売日2018年9月21日2018年10月26日
令和元年の価格(64GB)124,800円112,800円84,800円
令和元年の価格(128GB)90,800円
令和元年の価格(256GB)141,800円129,800円101,800円
令和元年の価格(512GB)164,800円152,800円

※Apple公式サイトより。税抜き価格。店舗価格は別になります。

価格だけで見るならXRが一番安いです。最安値のタイプは8万5000円と、一番価格の高いXS Maxの約2分の1の価格となります。
XSとXS Maxを比べてみると、どのタイプも約1万円ほど差があります。

「1万円多く払ってもXS Maxが良いのだろうか」
「XS Maxがなぜ一番高いのだろうか」
と思った方は、この記事を最後まで読めば理由が納得出来ますよ。

サイズと重量

iPhone XS MaxiPhone XSiPhone XR
サイズ/解像度/画素密度6.5インチ(2688x1242px)、458ppi5.8インチ(2436x1125px)、458ppi6.1インチ(1792x828px)、326ppi
高さ157.5 mm143.6 mm150.9 mm
77.4 mm70.9 mm75.7 mm
厚さ7.7 mm7.7 mm8.3 mm
重量208 g177 g194 g

サイズだけで比べると、XS Max > XR > XSとなります。

一番サイズが変動している「高さ」で見て約7cm~ 14cmの差があります。
使用用途にもよりますが、手の大きい男性ならXS Max、手の小さい女性ならXSの方が使いやすいでしょう。

重さもサイズの大きさに比例していますね。
200gの目安は190mlの缶コーヒーと同じくらいです。XS Max とXSでは30gの差があります。この差は、ミニトマト約3個分です。

大きな差は無いように見えますが、使用頻度の高い方は軽い方が良いでしょう。

バッテリー性能

iPhone XS MaxiPhone XSiPhone XR
連続通話時間(ワイヤレス)最大25時間最大20時間最大25時間
インターネット利用最大13時間最大12時間最大15時間
ビデオ再生(ワイヤレス)最大15時間最大14時間最大16時間
オーディオ再生(ワイヤレス)最大65時間最大60時間最大65時間

一番バッテリーの持ちが良いのがXRとなります。
XSと比べると、最大で5時間違います。5時間というと、例えば朝8時から13時までです。半日と考えると、結構大きな違いですね。

XSはバッテリーの持ちだけで考えると劣りますが、サイズが小さい分、持ち運びには便利(使い勝手が良い)という利点があるでしょう。

カメラ

iPhone XS Max / XSiPhone XR
カメラ(背面)1200万画素(裏面照射型センサー)x2(広角約26mmと望遠約52mmカメラ)1200万画素(裏面照射型センサー)
カメラのレンズ広角:F1.8、望遠:F2.4F1.8
ズーム光学ズーム:2倍、デジタルズーム:最大10倍(動画時は最大6倍)デジタルズーム:最大5倍(動画時は最大3倍)
光学式手ブレ補正○(広角・望遠レンズ対応のデュアル光学式手ぶれ補正)
ポートレートモード(正面・背面)○(進化したボケ効果と深度コントロール、撮影後に被写界深度の調節可能)
ポートレートライティング(正面・背面)○(5つのエフェクト対応)○(背面は3つのエフェクト対応)

XSとXS Maxの価格が高い理由はここにあると考えています。
カメラの性能がグッと上がっています。

実際に見てみる方が分かりやすいと思うので、参考に、XSとXRの写真を比較してみました。

カラーバリエーション

iPhone XS Max / XSiPhone XR
カラーシルバー/スペースグレイ/ゴールドブルー/ホワイト/ブラック/イエロー/コーラル/レッド

比較していて気が付きましたが、被っているカラーが一つもありません。

「性能としてはXSが良いのに、好きな色はXRしかない・・・」ということもあるかもしれません。
こだわりたい方は、カラーを決め手に選んでも良いでしょう。

防水

iPhone XS Max / XSiPhone XR
防水水深2メートルで最大30分間の耐水性能水深1メートルで
最大30分間の耐水性能

水深のメートル数が1m違います。
お風呂で使用する方や、頻繁に海やプールに行かれる方は、XSシリーズの方が安全でしょう。

どちらも防水機能がついているので、水辺で頻繁に使わない方は、あまり気にしなくても良い機能部分です。

通信機能

iPhone XS Max / XSiPhone XR
通信ギガビット級LTE4G LTE-Advanced

実際の通信速度はキャリアやお使いの環境によって異なるため、明確には言えませんが、iPhoneの性能としてはXSシリーズの方が良いです。
もうすぐ導入が始まる「5G」に備えての機能だと言われています。

長い目で使いたいと思っている方は、XSシリーズの方が最大限の機能を発揮できるでしょう。

個人的におすすめする機種

3機種をまとめた結果、私は

  • iPhone XR(128GB)

をおすすめします。理由は下記の通りです。

1.筆者は女性の為、あまりにも大きいサイズは指が届かなくて不便
2.一番価格が安い
3.一番バッテリー持ちが良い
4.128GBと、ちょうど良いサイズを販売している
(64GBでは音楽を入れると少なすぎる。256GBでは多い。)

主観的意見にはなりますが、そもそもiPhone自体が高性能なのでXRで十分です。

何よりも一番のポイントは価格が安いところです。
今安めの機種を買って、また次の最新機種に買い替えるために貯金するのも、一つの手段です。

比較表

それぞれの良い点を踏まえて、オススメポイントの比較表を下記にまとめました。

iPhone XS MaxiPhone XSiPhone XR
価格
サイズ/重量大きい/重い小さい/軽い中間
バッテリー
カメラ
カラー3色3色6色
防水
通信

この表を参考にして、自分にピッタリの機種を探してくださいね。

まとめ

「どの機種だったら後悔しないだろうか」という部分が見えてきたでしょうか。

  • とにかく安く抑えたくて、性能もこだわらない方はXR
  • バッテリーも性能もこだわりたい方はXS Max
  • 持ち運びや性能を重視される方はXS

個人的には、上記でまとめた通りXRをオススメしますが、性別や使用用途で選ぶ基準が全然違うでしょう。
ご自身のライフスタイルに合った機種を選んでいただきたいと思います。

選んだiPhoneで、令和の過ごし方が大きく変わるかもしれません。
ぜひこの記事を参考にして、お気に入りの機種を手に入れてくださいね。

コメントを見る

コメントを残す

コメントは承認後に公開されます。
記事の情報が古くなっている場合は、ご連絡頂けますと幸いです。