知らないと怖い!『一部のiPhone』を持っているだけでNHKの受信料を払う義務あり!

89_nhk1_eyecatch

一人暮らしや主婦の方で、NHKの方が集金に来て困った経験はありませんか?

「テレビを持っている・持っていない」だけではなく、「車にワンセグが付いている・付いてない」などでも、NHKの方は細かくチェックしてきます。

そこで、ワンセグと似た機能を持つiPhoneは、NHKの集金の対象になってしまうのでしょうか

知らないと怖い、『NHKの受信料の支払い義務』について解説します!

NHKの受信料について

最初にお伝えしておくと、契約対象に該当した方は受信料を支払う義務があります。
これは任意や権利などではなく、法律で決められています。

●放送法第64条(受信契約及び受信料)

協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。第126条第1項において同じ。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。

対象者のポイントは、『放送を受信することのできる受信設備を設置した者』です。
このポイントについて詳しく説明していきます。

受信料の支払いが発生する設備

法律で定められた受信設備とは、

  • 家庭用テレビ
  • 携帯型ポータブルテレビ
  • テレビチューナー付きのカーナビ
  • テレビチューナー付きのパソコン
  • ワンセグ機能付き携帯
  • その他、テレビが視聴出来るスマートフォンやタブレット

が挙げられます。
例えNHKを見なくても、設備を持っているだけでNHKと契約する必要があるので、注意が必要です。

iPhoneは支払い義務がある?

さて、iPhoneは、受信設備のどの部類に入るのでしょうか。

89_nhk2_tv

受信設備の中で一番近い項目は、この項目だと思いますよね。

  • その他、テレビが視聴出来るスマートフォンやタブレット

ですが、iPhoneにはテレビの受信機能が付いていません。

なのでそもそも、「テレビが視聴できる受信設備」には該当せず、NHKの受信料の支払い義務は発生しません!

Androidでは、標準でワンセグ機能や受信機能が付いている機種もあります。
Androidに機種変更する場合は、ワンセグ機能が付いているかチェックするようにしましょう。

安心するのはまだ早い

iPhoneはそのままだと受信料を払わなくても大丈夫なのですが、実は支払い義務が発生するパターンがあります。

それは、「テレビを見れるようにした時」です。

iPhoneでテレビが見れるようにするには、ワンセグチューナーを付ける(もしくは設置)方法と、テレビアプリをダウンロードする方法と、2パターンあります。

上記のどちらの方法でも、支払い義務が発生してしまいます。

iPhoneでテレビが見れるようになると、NHKと受信契約を結ぶ必要が出てくることを覚えておいてくださいね。

過去の判例

実際に、過去(2019年03月13日)の裁判の判例を紹介します。

89_nhk3_saiban

テレビを所有していない男性が、NHKの契約をめぐって裁判を起こした時の話です。

男性は、「受信設備の設置者はNHKと契約しなければならない」の法律について、「『設置』には『携帯』の意味は含まない」と受信契約を否定しました。

しかし、最高裁は、「『設置』には『携帯』も含むと解すべきだ」と判断し、NHK側の勝利となってしまいました。

この結果を考えると、『携帯』は必ず契約の対象となり、設置をせずにチューナーや携帯を別々に持ち歩いているだけでも、NHKと契約する必要があることが分かります。

集金の人がしつこい時の対処法

将来的に、スマホを持っているだけで、「NHKです。スマートフォンを持っていますね?契約が必須ですよ。」と言われる日が来てしまうかもしれません。

ですが現在としては、何も設定していないiPhoneであれば拒否することが出来ます

もしNHKの方から「スマホを見せてください」と言われたとしても、拒否するようにしてください。

89_nhk4_no

「スマホを見せろ」という強制力は無いので、承諾無しでは確認出来ないはずです。

無理やり奪ってきたり、マンションの入り口以上に入ってきたり、「確認するまで帰りません」と言われた場合は、完全に違法行為です!
真っ先に警察に電話してくださいね。

私は昔、NHKの集金の方から上記で挙げたようなことをされて、非常に怖い思いをしました。
NHKの本部に電話したところ、謝罪をしてくださり、担当の方を外してもらえました。

ですが、強引な集金担当の方はまだまだ大勢います。

ビクビクしてると付け込まれるので、堂々と「iPhoneは支払い義務がありません!」と追い払いましょう。

まとめ

iPhoneは、購入して何も設定していない状態であれば、NHKの受信料の支払い義務は発生しません。

しかし、チューナーを付けたり、テレビアプリを入れたり、「テレビが受信できる機械」と認識されてしまうと、受信料を払う必要があります。

今後もしかしたら、インターネットに接続しているだけでNHKの受信料を払う必要がある時代が来るかもしれません。
iPhoneを持っているだけで支払い義務が発生してしまう日が来ないことを願うばかりです。

コメントを見る

コメント

  1. 匿名 より:

    何もつけてないので、キッパリ断る。

    1. ももか より:

      そうですね!
      毅然とした態度で断りましょうo(`ω´)o

  2. イラねっちけー より:

    iPhoneユーザーなので「契約する義務はございません。」で逃げてますw→→Androidに機種変したら、契約義務発生(?)ですかね?

    1. ももか より:

      iPhoneも、いつか受信機能が内蔵されちゃうんですかね~(T-T)
      Androidは機種によるので、購入時にはワンセグ機能の有無を確認してくださいね。

コメントを残す

コメントは承認後に公開されます。
記事の情報が古くなっている場合は、ご連絡頂けますと幸いです。