【必見】iPhoneを買い替えなくても容量は増やせる!メモリー増設グッズおすすめ4選

95_zousetsu_eyecatch

iPhoneの容量が足りなくなった時、仕方なく写真やアプリを消していませんか?

せっかくの思い出を消してしまうのはもったいないです。
実は、USBと同じように使える「iPhoneに差し込むだけで容量が増設できる」グッズが存在します!

容量は手軽な32GB~大容量の128GBまで。
差し込み型ではなく、無線で使えるWi-Fiタイプのものもありますよ。

今回は、私が愛用している『おすすめのiPhone用外付けメモリ』を紹介します!

紹介する外付けメモリ一覧

今回紹介するのは、4つの外付けHDD(ハードディスクドライブ)です。

  • Transcend
  • BHOMEA
  • Qarfee
  • RAVPower

どの商品も、最新のiPhone XSからiPhone 5などの古い機種に対応しています。
万が一接続出来ない場合は初期不良の可能性があるので、早めにメーカーに問い合わせてくださいね。

Transcend

Lightning端子(iPhone専用の接続端子)とUSB 3.1端子がセットになっている、USBメモリです。価格は約3,700円。

容量は32GB,64GB,128GBから選べて、カラーはホワイト、ブラック、ローズレッドの3種類です。

iPhoneに差し込み、専用アプリからデータを移行します。
使い方がとっても分かりやすいのと、USB端子がくっついているのでデータの管理が非常に楽です。
両方の端子がむき出しではなくキャップ付きなのが嬉しいですね。

大事な転送速度ですが、USB 3.1対応でめちゃくちゃ速いのが特徴です。

2年保証が付いており、Appleが認めた「MFi認証」を取得している商品なので、安心して使えますよ。

BHOMEA

Androidでも使えるUSBメモリです。価格は約5,000円。

色はブラック、容量は128GBと限定されてしまいますが、iPhone、パソコン、Androidの3in1(Lightning/USB3.0/Micro USB)として使えます。
機種変更を検討している方に特におすすめです。

セキュリティに特化しているのが特徴で、パスワードとTouch IDを設定出来ます。
万が一落としてしまった時のためや、家族に見られたくない時に大活躍しますよ。

スライド式で端子を収納するタイプのUSBで、こちらの商品も専用のアプリをダウンロードして使います。

安心の日本語の取扱説明書付きなので、「使い方が分からない」なんてことは一切ありません。

Qarfee

女性向けの可愛いUSBメモリです。価格は約2,500円。

容量は32GB,128GBの2パターンで、カラーはゴールド、ピンク、ブラックの3種類です。

iPhoneの最新機種にも確実に対応しているのが特徴で、iPhone X以降のHEIFとHEVCの拡張子を、jpgやmovなどに自動的に変換してくれます。

専用アプリの使い勝手が非常に良く、暗号化、バックアップ、転送、圧縮、作成・削除など、いろんなことに使えます。
ただのバックアップだけではないのが魅力的です。

付属品に「Type-Cコネクタ」が付いているので、実質4in1として使えます。
デザインも含め、機能、互換性など、抜群に使い勝手の良い商品です。

RAVPower

Wi-Fiタイプの外付けHDDです。価格は約7,300円。
Ankerと同じくらい信頼度の高いメーカーである『RAVPower』が販売している商品です。

お値段は少し張りますが、それ以上の機能が付いてます。
バックアップ機能、転送、ファイルの共有、Wi-Fiルータ、モバイルバッテリーなど。
この1台だけで色々なことが出来ます。

最大4TBまでの外部メディア(SDカードやUSBメモリー)に対応しており、同時に接続できるデバイスは5台までです。
パソコン、iPad、iPhone、Androidと接続しても、まだ1台分も余ります。

Wi-Fi接続なのでiPhoneやAndroid以外でも、沢山の端末と接続可能です。
例えばドライブレコーダーやデジカメなどのSDカードから、Wi-Fi経由でパソコンやiPadなどに移行することが出来ます。

便利なのが、USBなどに取り込んだ映画のファイルを直接再生出来るところです。
読み込み時間のイライラから解放されますよ。

旅行や出張先などでも大活躍で、Wi-Fiが無いホテルなどでも、LANケーブルさえあればWi-Fiルータとしても活躍します。
その上、モバイルバッテリー機能付きです。
この1台のおかげで荷物がかなり減りますよ。

なによりも、今お持ちのUSBまたはSDカードと接続出来るのが一番大きなポイントです。
納得のAmazonベストセラー1位の商品を体感してみてくださいね。

比較表

紹介した商品をまとめると、下記の通りとなります。

Transcend2年保証かつMFi認証も取得している、シンプルなUSBメモリ
BHOMEAAndroidでも使える128GBのUSBメモリ
Qarfeeカラーが綺麗な4in1メモリ。容量さえ足りれば、USBの中では一番おすすめの商品
RAVPowerとにかく便利で、何にでもどこにでも使えるWi-FiタイプのHDD。今持っている外部メディアが使えるので、追加購入は不要

まとめ

容量の多いiPhoneに買い替えなくても、Wi-FiやLightning端子に差し込むだけで、簡単にデータ移行をして容量を増やすことが出来ます。

写真や短い動画・音楽を保存したい方は、32~64GB。
映画や長い動画を保存したい方は、128GBがおすすめです。

iPhone専用のメモリだと最大容量が128GBのものが多いです。
256GBだと約1万円もしてしまうので、正直あまりおすすめはしません。
それだったら、4TBまで接続出来る『RAVPower』を購入し、一般的なUSBメモリかHDDを安く購入した方が良いです。

映画を保存する場合は、1本あたりの容量がとても大きいです。
足りないことを防ぐために、「ちょっと多いかな」ぐらいの容量を選ぶのがおすすめですよ。

コメントを見る

コメントを残す

コメントは承認後に公開されます。
記事の情報が古くなっている場合は、ご連絡頂けますと幸いです。