二度と「容量が足りない」なんて言わせない!iPhoneのストレージを増設する3つの方法

94_zousetsu_houhou1_eyecatch

iPhoneを購入する時、容量をどの大きさにするか悩みませんか?

「64GBで足りなかったらどうしよう」
「128GBは高いし多すぎるのではないか・・・」
など、沢山不安になりますよね。

実は、iPhoneの容量は後から増設することが出来るんです。

一体どんな方法なのか紹介します!

歴代iPhoneの容量(ストレージ)

まず最初に、お使いのiPhone(または購入予定のiPhone)が、どれくらいの容量なのかを確認しましょう。

16GB32GB64GB128GB256GB512GB
iPhone SE 2
(2020版 SE)
iPhone 11 Pro Max
iPhone 11 Pro
iPhone 11
iPhone XS Max
iPhone XS
iPhone XR
iPhone X
iPhone 8 Plus
iPhone 8
iPhone 7 Plus
iPhone 7
iPhone SE
iPhone 6s Plus
iPhone 6s
iPhone 5s

例えば、iPhone 11 Pro Maxの512GBであれば容量が足りなくなることはよっぽど無いのですが、iPhone 5sの16GBだと結構足りないですよね。

iPhoneは、AndroidのようにSDカードを接続できません。
また、パソコンのようにUSBメモリも差し込めません。

では、どうやったら容量を増やすことが出来るのでしょうか。

方法としては「容量が多いモデルに買い替える」しかないように見えますが、実はそうではありません

容量を増やす方法

容量が足りなくなった時に、iPhoneを買い替えずに容量を増やすことが出来る方法は、3つもあるんです。

それぞれの方法を詳しく説明します。

1. クラウドサービスを使う

インターネット上にデータを保管することが出来る、『クラウド』というサービスを使います。

有名なのが「Google Drive」や「Dropbox」です。
名前だけなら聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

94_zousetsu_houhou2_googledrive

デメリットとしては、無料プランだと使える容量が少ないことが挙げられます。

メリットは、グッズやケーブルなどが必要なく、全てオンライン上で管理できるところです。
どんなシリーズでも使うことが出来るので、機種変更の時も簡単にデータ移行が出来ますよ。

それと、大手企業が厳重に管理してくれているので、データが破損するということはよっぽど無く、安心して使うことが出来るのも特徴です。

詳しい使い方は、『クラウドサービスアプリのランキング』という記事で説明しているので、そちらをご覧ください。

2. 改造する

こちらはおすすめの方法ではありませんが、改造して容量を増やすことも出来ます。
iPhoneを分解して、ストレージの大きいメモリに入れ替える方法です。

英語の説明となりますが、手順が分かりやすい動画があるのでこちらを見てください。

iPhone 6s「16GB」の容量を「128GB」に増設している動画です。
見てわかる通り、難易度が非常に高いです。

まず、道具を揃えなければなりませんし、はんだ付けなど細かい作業を正確に行える技術も必要です。

あと1点大事なのが、「iOS 9.2以上のデバイスで実行すると、一切反応しなくなってしまう」という可能性があります。
改造品の流出を防ぐためや、「iPhoneを探す機能」を正常に機能させるために、Appleが対策を取ったと言われています。

物理的にも難易度が高いですし、成功してもその後の起動が保証出来ないので、「壊れてもいい」という覚悟でチャレンジしてくださいね。

ちなみに、中国では7,000円程で容量の増設を行ってくれる会社があります。
日本で同様のサービスを行っている会社を探したのですが、残念ながら見つかりませんでした…。

3. 外付けHDDを買う

パソコンと同じように、外付けのストレージ(ハードディスク)を購入して接続する方法です。
USBメモリと同じような感覚で使うことが出来ます。

iPhone専用の外付けHDDは、「Lightning端子(iPhone専用の接続端子)に繋いで使えるもの」と、「Wi-Fiなどのネットワーク回線を使って接続するタイプのもの」と、2種類存在します。

容量が多くて使い勝手の良い、おすすめの増設グッズも紹介しています。
32GB~128GBまで、お好きな容量のメモリが選べますよ。

まとめ

「やっぱり容量の大きいiPhoneを選べばよかった…」と後悔する前に、今回紹介した3つの方法を試してみてくださいね。
(改造する方法は危険なので、実際にはクラウドサービスと外付けHDDをお試しください。)

クラウドサービスは、無料だと15GBまでしか保存できませんが、外付けHDDの場合は128GB増設出来る物もあります。

おすすめの便利グッズを使って、1万円以下で増設しちゃいましょう!

コメントを見る

コメントを残す

コメントは承認後に公開されます。
記事の情報が古くなっている場合は、ご連絡頂けますと幸いです。