【2019年最新】学生や社会人にオススメ!iPhoneの高音質録音マイク4選!

14_microphone1_okwint

iPhoneにはマイク機能がありますが、距離が遠かったり雑音が多かったりすると、思うように音を拾ってくれないですよね。
「後でまとめよう」と思って録音して、いざ再生してみたら音量が小さすぎて全然録音出来ていなかった・・・
なんて失敗もよくあると思います。

そこで便利なのが「外付けマイク」です。
会議や授業中にこっそり使える、小型で性能が良い商品を集めました。

どんな商品があるのか? 標準のマイクとどれくらい違うのか?
気になる商品をさっそく紹介していきます。

紹介する商品一覧

今回は4つの外付けマイクを紹介します。

  • OKWINT
  • Hoplaza
  • Ashuneru
  • SHURE

それぞれのマイクがどんな特徴を持っているのか、詳しく説明していきます。

※iPhone 7以降のシリーズからイヤホンジャックが無くなったため、イヤホンジャックに差し込むタイプのマイクは、変換アダプタが必要になります。
詳しくは下記をご覧ください。

OKWINT

Amazonで堂々のベストセラー1位の商品。価格は約1400円。

1.5mの延長ケーブルで長さも困ることは無く、収納ポーチと替えのマイクスポンジも付いています。
イヤホンジャックに差し込むだけなので、使い方も簡単です。

iPhoneだけではなくAndroidやパソコン、普通のカメラなどにも対応しています。
クリップ付きなので襟などで固定して録音することが出来ます。

Hoplaza

iPhoneに特化したミニマイク・ピンマイク。価格は約2300円。

Lightning端子(iPhone専用の接続端子)なので変換アダプタが必要ありません
iPhoneのほぼ全シリーズに対応しており、iPadなどでも使えます。

録音時にマイクの向きは関係なく、360℃全方位から集音可能です。
こちらもミニクリップ付きで重さは16.5g。持ち運びにもラクラクな重さです。

Ashuneru

延長コード無しでも使うことが出来るコンデンサーマイク。価格は約2800円。

イヤホンジャックに差し込むタイプですが、そのまま直でマイクだけを差すことも出来ます。
また、スタンドクリップも開閉することが出来るので、机に置いて固定して録音することも可能です。ただのクリップだけじゃないのが嬉しいですね。

音質についても、「音を拾いすぎて音割れしてしまう」という悩みが出るほど広範囲・高音質で拾ってくれます。
録音する音量に気を付ければ何も問題はありません。

SHURE

ただの録音より、ライブや音楽の録音に適したコンデンサーマイク。価格は約18,500円。

こちらはLightningコネクタ式。Apple製品に特化しています。

会議や授業の録音にはもちろんですが、音楽や配信のレコーディングにオススメしたいマイクです。
無料のiOSレコーディングアプリと連携して、リアルタイムで編集や調整が可能
ステレオで録音出来るので臨場感のある音が録音出来ます。

専用ケースも付いており、持ち運びにも最適です。

比較表

紹介した商品をまとめると、

OKWINTAmazonでベストセラー1位商品。価格もお手頃
HoplazaLightning端子で変換いらずのピンマイク
Ashuneru延長コード無しで直に差すことも出来るマイク。机に置いて固定も可能
SHUREステレオ録音に特化した、音質にこだわった本格的なコンデンサーマイク。無料の専用アプリで幅広い調整が可能

となります。

まとめ

カラオケ用やYoutuberのような動画配信に特化したマイクなど、他にも専門的なマイクは販売されていますが、今回は「持ち運びに便利」「会議や授業中でも使える」というマイクを中心に紹介しました。

私は面倒くさがりなので、そのまま接続できるLightningコネクタ式のマイクが好きです。
ですが、パソコンでボイスチャットする時や、万が一Androidに機種変更したときのために、普通のイヤホンジャック式の商品もオススメです。

外付けマイクは標準マイクと比べて、音質や音を拾ってくれる範囲が全然違います。
一度使えば標準マイクに戻ることが出来なくなりますよ。

高性能のマイクを使いこなして、授業や会議に安心して出席してくださいね。

コメントを見る

コメントを残す

コメントは承認後に公開されます。
記事の情報が古くなっている場合は、ご連絡頂けますと幸いです。