三脚付きなのに持ち運びラクラク!iPhone XRやXSでも使えるおすすめ自撮り棒

51_jidori1_eyecatch

旅行先や皆で写真を撮る時に必需品なのが、「自撮り棒(セルカ棒)」ですよね。
最近では、ご年配の方でも孫と写真を撮るために使っています。

最近主流の自撮り棒は、三脚付き+リモコン付きの物も多く販売されており、普通のカメラのように集合写真を撮ることだってできるんです。

そんなオススメの自撮り棒を紹介します!

紹介する商品一覧

今回は4つの自撮り棒を紹介します。

  • Ginova
  • rakum
  • BlitzWolf
  • TANOKI

全て、iPhone XSやiPhone XRなどの最新機種に対応している自撮り棒です。

それぞれどんな特徴があるのか分かりやすく説明していきます!

Ginova

Amazonベストセラー1位の自撮り棒です。価格は約2,100円。

取り外し可能なBluetoothリモコン、7段階の伸縮、360度回転、三脚の先端の滑り止めゴムなど、欲しかった機能がすべて揃っています
これだけの機能で2100円はかなりお買い得です。

伸縮を変えて自撮り棒としても使えますし、三脚を立てて集合写真を撮ることも出来ます。
最大100cmまで伸びるのに折り畳んだら20cmと超コンパクトで、さらに235gと軽いのも嬉しいポイントです。
折り畳み傘と同じサイズで持ち歩けます。

購入後1年間の保証が付きます。
「使い方が分からないから・・・」という不安な方でも、安心してたっぷりと使うことが出来ますよ。

rakum

上記で紹介したGinovaよりも、さらに安くて軽い自撮り棒です。価格は約1,200円。

長さは20cmですが、重さがなんと148g。iPhoneよりも軽いのです。

ただし、4段階しか伸縮できず、最大で66cmまでしか伸びません。
「とにかく安く購入したい」「軽い方が良い」
という方にはオススメですが、性能的には他のメーカーより劣ります。

初めて自撮りを棒を購入する場合は、より調整のしやすいGinovaの方がおすすめです。

BlitzWolf

三脚として立てるよりも「自撮り棒」として使う頻度が高い方におすすめ。価格は約2,400円。

このBlitzWolfは、何よりもリモコンが長寿命なのが魅力です。
たったの30分で充電が完了して、その後24時間作動させることが出来ますし、スタンバイモードの場合でも3ヶ月は充電しなくても持ちます。

iPhone XS Maxでも問題なく使え、保証も18ヶ月と一番長いです。
軽さも148gで、最長67cmまで伸びます。

rakumとほぼ同じ重さと長さなのに、保証が長くリモコンも長寿命なので、個人的にはこちらの方がおすすめです。

TANOKI

とにかくカワイイ自撮り棒です。価格は約1,500円。

ピンクのフォルムがとっても可愛いので女子力を上げてくれますし、皆にも自慢したくなるデザインです。
「可愛すぎる・・・」という方は、色違いでブラックカラーもありますよ。

デザインだけではなく、性能も抜群。
最小16cm~最大66cmで、6段階の伸縮調節と360度回転、リモコンと三脚機能も付いています。

せっかく持ち歩くのであれば可愛い方が良いですよね。
女性に絶対におすすめしたい自撮り棒です。

比較表

紹介した商品をまとめると、

GinovaAmazonベストセラー1位で、撮影機能もコンパクト性も抜群の万能自撮り棒
rakumGinovaよりも軽くて安いが、4段階しか調節が出来ないので注意
BlitzWolf保証が1年半と最長で、リモコンも長寿命。iPhoneよりも軽い。
TANOKIデザイン重視のピンクで可愛い自撮り棒

となります。

まとめ

私は今まで、「自撮り棒なんて邪魔だし使う機会が少ない」と思っていました。
しかし最新の自撮り棒は、iPhoneよりも軽くて折り畳み傘と同じようにコンパクトに収納できます。

自撮り棒を持っていれば、誰かが一人欠けて写真を撮ることも無くなりますし、『最高の瞬間』を逃さず写真に収めることが出来るようになるんです。

自撮り棒を1回も使ったことが無い方は、ぜひAmazon 1位の「Ginova」を使ってみてくださいね。
「持っててよかった」と思う時が絶対に来ますよ!

コメントを見る

コメントを残す

コメントは承認後に公開されます。
記事の情報が古くなっている場合は、ご連絡頂けますと幸いです。